蕎麦係

かみさんが作った、ポジション名です!!

オラが打った蕎麦を、かみさんが毎日茹でてくれています。

オラは、ある程度目安になる茹で時間を作りたかったんです。

その理由は、

お持ち帰りを始めたかったから。

そして、配送を始めたかったから。

ですね。

そして、厨房で茹でていても、他の仕事をしますから。

清兵衛さんで、修行していた時に大体の茹で時間は聞いています。

しかし、鍋の大きさ、お湯の量、茹でるお湯の状態で多少変わってしまうんです。

一番良くわかったのは、数年前のイベントの時。

とんでもない量を茹でるので、お湯に力が無くなってくる。

沸点が変わってきます。

メッチャ濃い蕎麦湯が出来ますが、茹だりにくくなります。

なので、新しいお湯を足していかないと上手く茹だらないと。

このタイミングがまた、難しい!!

毎日、蕎麦を茹でて試食するかみさん。いろいろ工夫して、最高の状態で茹でてくれます。

なので、オラは天ぷらに集中できるんですね。

そんな、かみさん。

『蕎麦係だから!!』

と言っています。蕎麦を茹でる人のことです。

かみさんが作った名前なので、かみさんが滝見屋の初代蕎麦係。

朝ドラの『ストーブ前』みたいな呼び方。

けど、ツヤツヤに茹で上げてくれるかみさんは、最高の蕎麦係です。

明日もかみさんが茹でます。

麺を茹でるのは、奥が深いと思った5代目です!!