ペンキを塗ります

昭和63年に、新設されたリフト。

オラ、小学5年生(^^)

当時は、馬の背の第3リフトと呼ばれていました\(^o^)/

30年以上前のリフトです。もちろん、整備、オーバーホールもしていますから、問題ありません。

ただ、外部の錆びは、どうしてもでてきます!!

錆止め、ペンキを塗るわけですが、そのための、下準備です(⌒‐⌒)

冬に雪を落としたりするので、ペンキが剥がれていきます。そこから、錆びますよね(・・;)

そして、暑さと寒さ。前に塗ったペンキが浮いてくるんです。

まずは、古いペンキを、スクレイパーでひたすら剥がすと!!

場所は悪い!!

リフトが鉄で暑い!!

午後は、鉄が冷える!!

けっこうな作業になるんです(о´∀`о)

これから、錆止めを塗っていくんですね(^^)

鉄は、錆びとの戦いですから。

明日は、どこまで進むか!?

まぁ~~~、腰が痛くなる作業が続く5代目です!!( ☆∀☆)