土用の丑の日

ウナギを食べるのが普通ですが・・・

滝見屋は炊き込みご飯を食べました!!

天ぷら屋で修行していた時、当時の店長にいろんなことを教わりました。

昔は、夏と言ったらウナギ。暑い時に天ぷらは人気がなく、お店を休業していたそうです。

修行場所の創業者は元々電気屋さん。電気屋さんから、天ぷら屋を始めました。

その時の知識を活かして、お店にエアコンを取り付けたと。

その時は、夏は休むことが当たり前だった天ぷら屋がエアコンを入れ、営業を開始。 

涼しい店内で食べる天ぷら。今では、エアコンは当たり前ですが、天ぷら屋にエアコンは凄いことだったそうです。

そんな昔の話、とっても面白くて、勉強になりました。

カウンターに店長と入っていると、お客様と店長の会話が聞けます。これ、面白かったですね。

皆さんはウナギを食べましたか?

炊き込みご飯と夏野菜を食べた滝見屋です!!