解体

母校の松里小学校の解体が始まっています。

閉校になって8年でしょうか!?

息子が小学生になると同時に閉校となりました。

息子は松之山学園。オラは松里小学校へ通いまた。

親子で同じ学校へ通うと、ここでこんなことしたんだよ、なんて話が出来ると思います。

息子が通う学園の校舎は、昔の『松之山小学校』

オラが3年生の時に完成したんですね。

見学に行って、学校が大きくてビックリした記憶があります。

オラの通っていた松里小学校も、当時は100人を越える児童がいたんです。

年々、児童も少なくなりました。

そして今年、解体の順番がまわってきたようです。

体育館は、避難所として残るのですが、校舎は耐震構造ではないため取り壊し。

8年間、時が止まったように、そのままになっていたんです。

朽ちていく姿が切なくて、ようやく取り壊しに。

オラは、よかったような気がします。

ボロボロの母校は見たくありませんからね。

また一つ、時代が終わる気がします。

保育エン、小学校、中学校、と母校が無くなりました。

高校も、怪しい感じがします。

息子に、

『父ちゃんが、中学生だった時は2クラスで、50人以上いたんだよ』

というと、ビックリしていた息子です!!