大棟山博物館

滝見屋から、3キロほど先にある博物館。

大棟山(だいとうざん)美術博物館は700年近い歴史をもつ元造り酒屋の、庄屋であった村山家の旧宅です。

昨日、息子と行ってきたんですね!!

博物館は、冬季閉鎖されているのですが、紅葉が綺麗だろうな~とと思って。

最高に綺麗でした!!

毎年、毎年、綺麗に色付いて(^^)

オラ達親子を、待っていてくれたようですm(__)m

博物館の門までの道、

上から撮ったものですが、圧巻だと思うんですよ!!

着物の女性が歩いていたら・・・

大好きな場所です(⌒‐⌒)

そして、その後ろの門

大棟山美術博物館は、小説家である坂口安吾ゆかりの地でもあります。安吾はもともと松之山随一の旧家である村山家に、叔母の貞と姉のセキが二代続けて嫁いでいたという縁で、昭和5年から13年にかけて頻繁に松之山を訪れていました。館内には安吾の著書及び関係資料なども展示があります。安吾は『黒谷村』『不連続殺人事件』『逃げたい心』などで松之山を舞台にしていますが、中でも『逃げたい心』では全編を通して松之山が書かれています。

http://www.matsunoyama.com/%E5%A4%A7%E6%A3%9F%E5%B1%B1%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8

周辺を散歩、そして博物館を見学するのも良いと思います!!

今は、終了してしまいましたが、散歩をせることはできます。

建物を見るだけでも、価値があると思うんですねo(^o^)o

ちょうど綺麗な時に行けてよかった!!

この階段の景色が大好きな五代目です!!( ☆∀☆)