名ヶ山 そば屋 清兵衛

僕に、『蕎麦』を一から教えてくれたのは、十日町名ヶ山にあるそば屋『清兵衛』の親父さんと、そこのスタッフの方です。

去年ずっと、清兵衛さんに修行に行っていました。

春に、父親が体調を崩して蕎麦が打てなくなったんですね。

急なことだったし、お店を休むわけにもいかないし。

僕は、蕎麦の修行はしてないんです。

その僕に、6年生だった息子が言った一言、

『父ちゃん、こんど蕎麦打ちを教えてくれよ!!』

覚悟が決まった一言。勉強しよう。もし息子に教える時は、しっかりとしたこと教えられるようにと。

運がよかったんだと思います。繋がって繋がって、清兵衛さんにたどり着いて紹介してもらえたんです。

親父さん、『隠すことはないから、全てを教えるから』と。

本当に嬉しかったです。先が見えた感じがしたんです。

清兵衛さんは、自分のところで、蕎麦の殻を剥き、石臼で挽いて、ふるって、打ってるわけです。

親父さん、玄蕎麦、石臼、ふるいのことから、全て教えてくれたんです。

そして、蕎麦も打たせてくれたんですね。

『失敗は勉強だから』と。いろんなことを教わって、いろんな失敗もしました。その対処の仕方も教えてくれて。

イベントにも参加、テレビの取材、消防の話し、小学生からの取材・・・僕でいいんでしょうか!?

いろんな経験です(⌒‐⌒)

今年も行きたかったのですが、春からの新型のウイルスのこともあったので行けなくって。

12月に声をかけていただいたんですね。

また、行ける!!勉強できる!!もっと成長できる!!

スゲー楽しいんです!!いつかあの蕎麦を打てる時がきたらと考えると、楽しく、楽しくて。何かができそうなんです!!

今、滝見屋の蕎麦を打っているのは、僕の父親

一生懸命、毎日 打っています。これもまた、美味しいです。

親父が打ってくれているからこそ、僕は修行ができる。元気な両親に感謝をして、もっもっと蕎麦を知りたいと思う五代目です!!( ☆∀☆)